スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

35年前の盲腸跡、お腹に麻酔注射2本!

人間なにが起こるかわからない。

6月中旬に。。。私の盲腸跡がだんだんとピンク色になり
1週間後にはどす黒くなって来ました。

いやはや家族からは、「早く病院へ行け!!!」と
言われ続けてはいたものの。。。 

痛くもかゆくもなく、
病院嫌いです。

持病で病院へは1ヶ月に1回行くけれど
それとこれとは大違い。

ぐずぐずしていたら真ん中が黄色く膿んで来た。
それで観念して私も病院へ。

総合病院へ行ったのですが、どの科で受診したら
いいか相談すると外科だということで。。。外科へ。

太っ腹?の医師で
「35年前の傷から? まぁ30年ほど前からしか溶ける糸が
主流にならなかったから35年前なら糸がお腹の中に残っていたのでしょう」

糸を取れば腫れもなくなるとのこと。

医師「では麻酔をして糸を取ります」

私の心の声『え~~~心の準備が~~」

医師「ではお腹に麻酔しますね」

もはやこれから先は。。。目をつぶってしまったので
よくわからない。
でも痛かったので
私「痛いんですが~~!!!」

医師「痛いの?じゃ もう1本 麻酔しますね」

ってことで合計2本の麻酔をお腹に打たれました。

どうも 想像するにピンセットをお腹に突っ込んで
手探りで糸を探し出したようです。

医師「それらしい糸は取ったから、また30年後ぐらいに
また糸が出てくるかもしれないし、出ないかもしれない」

おいおい そんな爆発物のようなものかかえて生きてくのかい!!!

医師「手術後50年経ってから糸が出た人もいるから
35年間糸が出なかっただけでもよかったと思わなくっちゃ」

私としては、一生糸なんて出て欲しくなかった!!!

この暑くてジメジメしている季節なのに
風呂に入れずシャワーの日々が続きました。

こういうワケで気持ちもメゲてブログ書く元気もわかず
途中経過の時に書いて傷が悪化したら。。。とか思って
恐ろしくて。。。
やっと消毒に行く日々も終わり
どす黒かった傷も 普通のような私のお腹の色と同化したので
よしとしましょうかね、ってことで書く気になりました。

知人に糸の出た話をしたら、「35年間も共に暮らしたんだから記念に糸を
もらえばよかったのに」と言われた。

私としては、出てきたという糸も見なかったし
そんなお腹の中に入っていた血だらけの糸を
もらおうという気にもなれなかった。

知人「え?だって頭のCTスキャン撮った時には写真を
撮った人なのに???」

そうでした。頭のCTスキャンの時には写真を撮ったっけ。

あ この時も6月だ!
去年の6月はCTスキャン、今年は盲腸の糸、
来年の6月には、なにも起こらないことを願います。


a673.jpg


ちなみにこういう手術ってどのぐらいの費用がかかるのか
知りたいかな~~なんて思って書きますね。
手術費は、4,810円 保険が利くので実費は、1650円でした。

ブログって毎日の積み重ねだとは

わかっちゃいるけど。。。

書く気にならない時には、仕方がないと思っています。

関連記事

2008/07/07(月) | ぶろぐ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://8arisa8.blog64.fc2.com/tb.php/648-1a7dd3fc
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。